the brand new HOPPIE'S...

ブラックチェリーをメインにシンプルでナチュラルなお家☆新米夫婦の奮闘も書いていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不適切施工?&再びアイツが現れた!?(~着工114日目)

おはようございます!

早速ですがいきなり本題に!

大丈夫でしょうか?
住宅3500軒、不適切施工か=住友林業「性能確認」―国交省

衝撃的なニュースですよね・・・


昨夜遅くに生産さんから説明の電話があり

「hoppieさん邸は省令準耐火建物なので準耐火建物とは別です。安心してください。」

とのことでした。

あとの説明はネットのとおりです。





施工については
本当に細かいし
手抜きで無いことは分かります。

シーサンドコートについても同様で
このあと書きますが
納得いくまで付き合ってくれます。

ただ我が家は火災保険の契約間際・・・

影響がなければいいのですが(^_^;)


さてさて

「再び現れたあいつ」について

昨日はお昼ごろに
ガスの配管について
軽く現場立会いをしてきました。


我が家は立地が悪く
LPガスを使用します。

その支え壁を作る位置の打ち合わせで訪れました。
画像 006


それと昨日午前で
足場が撤去されたので
エンジニアの監督Nさんとバルコニーを確認しました。

すると・・・

画像 004


あいつがまたまた見えちゃいました。

ただ今回は初めと違い
上下に色の差は見えませんが
真ん中にやはり影のような
線が現れていたんです(^_^;)

昨日の夜にもう一度見ましたが
夜には見えません・・・

強い光を当てると現れるみたいです。


Nさん「もう一回やらせてください!」

とのことで手配をかけてくれました。

Nさん「薄くなってますが気になりますね~」


Nさん「直るまでとことんやります!」


とのことでした。

家の中もNさんにかかればご覧のとおり!
画像 002
画像 001

青いテープ
修正箇所を示すものです。

かなりあります。

僕の感想ですが
はっきり言ってかなり細かい基準です。

これでもダメなんや~

というような箇所も
いくつもありました。


プロの目での厳しいチェックですね☆


本当に施工に関しては
手抜きできないような体制をとっている会社だと思います。

ただ今回の件は
施工の方法についてなので
どうかはわかりませんが・・・

あくまで僕の感想ですが
ただ言えることは
ここまで工事を見てきて

安心できる内容だったということです。


心配ではありますが
今回の件が問題ないことを祈るしかないですね。


僕もですが
これから着工される方も心配ですよね!

納得いく家づくりにしたいものですね☆




あとおまけの画像を!!!



ここまで見たくださった方に
少々フライングです。

2Fトイレです。(詳しくは内覧会で☆)
画像 003


では今日もありがとうございます!

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

-5 Comments

ドラジロー says...""
はじめまして
ドラジローと申します

昨夜、住林の生産からご説明があったんですねー
うちにはない。。
ニュースで見つけたのでビックリしちゃいました

hoppieさん邸も完成間近なのですね
写真がいっぱい♪
またゆっくり遊びに来ます
2012.08.11 09:25 | URL | #3hiwaSEs [edit]
hoppie says...""
ドラジローさん☆

始めまして!
よろしくお願いいたします。

このニュース・・・
先に聞くのと後で聞くのと
違いますよね(^_^;)

そうですか・・・

僕はてっきり連絡はあるものだと
思ってました。

ただ今後
住友林業は少なからず
契約解消や過度の値引き交渉など
をされるんじゃないかと思います。

工事を見ていても
手抜きなどは無さそうですし
施工については
安心していましたが・・・

でもでもいろんな意味で
心配ですね・・・。

ほぼ完成したので
また見に来てやってください!
2012.08.11 09:33 | URL | #- [edit]
ひろがー says...""
はじめまして。小生は営業マンにメールしてしまいました。要点は以下のようです。
1:住林は、(おそらく)すべての建物で胴縁を使っていないし、ビスも28mmである。
2:しかし、準防火地域の3階建では、胴縁を使わなければならないし、防火地域の100平米以下の建物にも胴縁を使わなければならない、というのが建築基準法の規定。
3:8月末に認定される見込みと言うが、認定前なのだから違反は、違反。
正直、ケチってるわけですよね。住林ともあろうものが。言い訳も釈然としません。
下手すると変な風評になって、資産価値が大きく目減りすることになりかねません。
今月末に認定が取れる予定なら、なぜもっと下ネゴをとっていなかったのか、厳しい言い方ですが、お盆休みがすっとぶのはしかたないですね。
説明も誤解を招きます。まるで防火地域か否かで施工を変えているようにも受け取れます。
「建物は別です。」いや、施工は同じなのです。建築基準法下の対象でない、ということです。
住林ファンの一人として、今回の件はやや残念です。
2012.08.11 22:42 | URL | #- [edit]
hoppie says...""
ひろがーさん✩

コメントありがとうございます。
おそらく住林オーナーさんは
ひろがーさんと全く同じ思いの方が
多数いらっしゃるでしょう。

その通りだと思いますね。

資産価値は下がると思いますし
イメージも何もかもおしまいですよね。

しっかりと対応して欲しいものです。
2012.08.12 08:04 | URL | #- [edit]
こだわりの家 says..."お手本が間違っていてはきちんと作れても意味がない"
「本当に施工に関しては手抜きできないような体制をとっている」とか「かなり細かい基準(を作っている)」ということは関係ないんですね。

実際に施工するのは、下請け工務店だからというのも関係ない。

確かに、住林はQC運動の非常に発達したHMで生産管理はきちんとしています。

しかし、それはマニュアル通りにきちんと作るということで、マニュアルそのものが間違っている場合はどうしようもありません。

今回の事件はまさにそのケースで、マニュアルが建築基準法に違反していたということです。

施工マニュアルの改変は当然本社がやることですから、責任の所在は住林本社ということになるでしょう。

親亀がコケれば小亀もコケ

と言う感じですね。
2012.08.12 10:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://happyhoppie.blog.fc2.com/tb.php/134-4de601d1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。